おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 無視される、ことは誰もが嫌がることですね。

 でも、あなたが社員をいつも無視ししているとしたら、
 どう思いますか?

 多くの社長は「そんなことない」と
 言うと思いますが。


 
 人は、ある行動を無視されると、
 嫌になって、その行動をやめます。
    
 中には、意地になって、
 目立とうとする人はいます。


 でも、無視を続けると
 やはり行動をやめてしまいます。

 このように、無視という行動は、
 悪い意味で大きな効果をもたらします。


 これが会社にとって
 良いことに使われればいいのですが、

 多くの場合は、、
 悪影響を及ぼしています。
  

 それは、良い行動を無視することです。

 多くの会社では、社長や上司は、
 部下が良い行動をしても無視しています。

 ほめたり承認することなく、
 やりすごしてしまっているからです。


 良い行動したのに無視すると
 良い行動を辞めてしまいます。
    
   
 良い行動をしても、ほめてあげない。
 これを「無視」と言います。

 これでは、やりがいを感じませんね。

 どこまでも頑張っても、給料が変わらない。
 給料が変わらなくても、上司から何の言葉もない。

 社員の立場からすれば、これも「無視」ですね。
 
 このような無視を続けていれば
 社員が、会社が成長できるわけがありません。
  

 逆に言えば、
 
 無視をやめれば、もっと社員が頑張る
 とも言えますね。

 その結果業績向上も望めます。

 どの社長も社員にヤル気出してほしいと言います。

 やる気を出して頑張って欲しいと思うなら、
 まずは良い行動をきちんと認めてあげましょう!


 蛇足ですが、
 ある社長にこのことを話したら、

 「仕事は人から言われれやるものじゃない。
  やる気とかモチベーションとか、
  そんなのプロの言う言葉ではない」 
 
 このようにおっしゃっていました。

 これはある意味その通りだと思います。


 でも、社員は社長とは違います。

 そこまで意識を上げるためにも、
 まずは「無視」を辞めて、

 社員を元気にすることが必要でしょう。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル