おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 労災の遺族年金、賠償金元本から減額
  このような報道がありました。

 
 労災事故の遺族に損害賠償が認められた場合、

 別に受け取った遺族補償年金を
 賠償額からどう差し引くかが争われた訴訟で、

 最高裁大法廷は3月4日、
 「損害額(元本)から差し引く」との判断を示しました。

 これによって、遺族側に支払われる賠償額が
 より少なくなる結果となりました。

 
 
 遺族補償年金などの労災保険が支給された場合、
 遺族側が2重取りにならないように、

 その支給額を労災による損害額から
 差し引く必要があります。

 
 遅延損害金は、労災などが起きた日から
 賠償金が支払われるまで発生するため、

 損害額そのものと遺族補償年金を相殺すると、
 遅延損害金が目減りし、
 賠償額全体が低くなります。

 この部分がどうなるのか、
 今回の裁判で争われました。


 これまでは、 司法判断が分かれていましたが、

 今回、大法廷は

 「支給が著しく遅れるなどの特段の事情がない限り、
 遺族補償年金は元本から差し引くのが相当」

 このように判断し、労災保険の支給額を
 損害額の元本から差し引く算定方法に統一しました。

 
 今回は、ちょっと難しい話かもしれませんね。


 話題にでた遅延損害金ですが、
 支払いが間に合わなかったときに、
 
 支払いが遅れた期間に応じて支払うお金です。

 裁判で決着がつくのが遅くなるほど、
 その金額が大きくなると思われます。

 そして裁判には時間がかかりますので、
 遅延損害金もそれなりの金額になるでしょう。

 そうなると、その計算のもとになる
 損害賠償額がどうなるか、
 大きな影響がありますね。

 

 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル