おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 働きながら年金をもらうには、どうしたらいいのか

 
 昨日に引き続き、この話題です。

 今日は65歳以後のケースについてです。

 給料の金額によって年金額が調整される、
 この考え方は一緒ですが、

 年金額が調整される給与額が
 65歳未満よりも引き上げられます。

 
 昨日同様に、
 大まかな考え方をお知らせしますと、
 

 (月給)+(過去1年の賞与÷12)+(年金の月額)

 この合計が46万円を超えると
 年金が減額されるようになります。

 
 ちなみに、この46万円という数値は、
 改定されることがあるので注意が必要です。

 65歳になると、
 国民年金が支給されますが、

 減額の対象となる年金は、
 厚生年金となります。


 国民年金は、いくら給料が多くても
 全額支給されます。


 また、年金額が調整されるのは、
 70歳までと思っている方が
 結構いらっしゃるようですが、

 この調整は以後ずっと続きます。

 給料が多いと、
 一生年金がもらえない方もでてきます。

 
 ただ、70歳以後は、
 厚生年金の保険料は不要となります。

 加入はしないが年金は減る
 という仕組みになっています。


 昨日、今日と、
 60歳以降、給料の金額によって

 年金が減額する仕組みについて、
 お知らせしましたが、

 正確には、非常に細かい話が
 いろいろありますので、

 まずは、年金事務所や相談センターで
 きちんと現状を把握することをお勧めします。

 ここでは、給料をいくらにすると、
 年金が満額もらえるかなど、
 
 必要な情報を丁寧に教えてもらえます。

 まずは、正しく現状を把握する。

 ここからはじめましょう。


 
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル