おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 元気のない会社で業績の良い会社はありますか?
 

 ゼロとは言いませんが、少ないのではないでしょうか?

 あなたの会社は元気ですか?
  

 先日、ある社長が言っていました。

  昔は、活気があったな。
  もっと社内が賑やかだった。
  気が付いたら、みんな1人で仕事をすることが多い。
  連絡もメールばかりで・・・・


 元気のない会社の多くは
 「会話」が少なくなっています。

 会議といっても、

 一部の人が一方的に話すばかり、
 叱るつけるばかり、

 こんな風になっていませんか?

 会話が少ないと、他の人の考えが
 わからなくなります。

 そうすると、考え方が自分中心になったり
 批判的になったりします。

 そのような状態が続くと、
 組織全体が後ろ向きになります。

 そして暗くなり、元気がなくなってきます。

 そうならないように、
 会社から上司から積極的に

 「会話を増やすしかけ」をしましょう!


 例えば、仕組みとして行うなら、
 
 従業員だけで行うミーティングを行う
 これは、効果があります。

 必要なルールは1つだけ
 「相手を批判しない、否定しない」


 また、身近なところでは、
 みんなで分担を決めて掃除をする。
  
 これも、みんなで協力し合う
 話し合って決める、いいことですね。

 ただ、業務時間内に行うようにしてください。


 会話に話を戻しますが、
 何を話せばいいかわからない・・・

 このような相談もよく聞きます。


 なるべく仕事以外の話をするのがいいですね。

 できればいろいろな話をしてみて、
 本人が一番好きな話題をふると、
 話が盛り上がります。

 別に、俺も大好きだなんて 
 無理して同調する必要はありません。

 ただ、聞いてあげればいいんです。

 仲良くなるコツは、
 仕事以外の話をすることが一番です。


 これが一番苦手とも言われますが。
 
 
 「会話」を増やして、会社を元気にしましょう!



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル