おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 社員を支える「オフィスおかん」
 何とも不思議な題名の記事がありました。

 スマホアプリを開発するITベンチャーのエウレカ、
 従業員の平均年齢は27歳。
 
 60人もの若者たちが無言でディスプレーに向かう
 オフィスの冷蔵庫には、

 やけに家庭的なお惣菜が並んでいる。

 かぼちゃ煮、切り干し大根、厚揚げ、玄米ご飯。

 まるで田舎の母親が作ったかのようなメニュー・・・

 (AERA)
 

 このサービスは、「オフィスおかん」というもの。

 株式会社おかんが昨年3月に開始した
 「法人向けぷち社食サービス」です。

 オフィスにお菓子の入った専用ボックスが
 据え置かれている

 「オフィスグリコ」のお惣菜版ですね。

 
 この会社では、
 社員の食生活を改善する目的で
 導入を始めたということ。

 
 このサービスをはじめた会社、
 導入を決めた会社、

 それぞれ考え方が素晴らしいですね。


 何も給料やポストだけが報酬ではありません。

 社員のことを親身に考えて、
 何ができるか考えて実行する。

 非常に大切なことだと思います。

 
 社員に報いる方法というのは、
 法律で定められているわけではありません。

 大会社や本に学ぶこともいいのですが、
 それが必ずしも良いとは限りません。

 会社の風土のあったやり方、
 多くの人が望んでいることを、
 汲み上げていき、

 ぜひともみんなが喜ぶ報い方を
 考えてほしいと思います。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル