おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 「職場にまとまりがない」
 「従業員同士の連携がイマイチだ」


 ある会社で、このような相談を持ちかけられ、
 コミュニケーションの取り方について、

 ワークをさせて頂いたことがありました。


 ここでお話しして、実践したのが、
 「相手のことを褒め合う」ということです。

 
 誰でもその性格や才能が、
 良いほうに作用することも、
 その逆に作用することもあり得ます。

 
 雰囲気が悪い、仲が悪い、こんな時は、
 お互いに悪く作用しているところが目立つ、嫌になる、

 このような状態に陥っています。


 でも、よく考えてみればわかることですが、
 いわゆる長所と短所は裏返しです。

 同じ特徴があっても、受け取る側によって、
 良く捉えたり、悪く捉えたりします。


 その気になれば、
 誰でも嫌な奴にすることができます。

 逆もあり得ますよね。


 そこで、まずは相手の良いところを褒め合い、
 互いの理解を深めていくことを

 ワークで実践してもらいました。 

 具体的には、「いいね」カードを使います。


 「いいね」カードには
 誰かの長所を書いて、本人に渡します。


 最初はとにかく沢山書かせて、
 癖をつけるようにしました。

 最初は、とまどっていましたが、
 慣れるとどんどん出てきました。

 そして、それを伝えるたびに相手は、

 少し恥ずかしがりながらも、
 良い気分、うれしい気分になっていきました。 


 これをもし、普段から社内で行ったら
 どのようになると思いますか?


 互いの良いところを認め合い、
 お互いを理解していく。

 このような職場風土を作ってみたいと
 思いませんか?

 
 是非、実践してみましょう。


 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル