おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

  数字未達なら彼女になれ、
 社内セクハラ1300万円で和解


 このようなニュースがありました。

 以下は産経新聞よりの引用です。


 かつら製造販売大手の店長だった男性従業員から
 繰り返しセクハラを受けて
 心的外傷後ストレス障害を発症、
 退職を余儀なくされたとして、

 兵庫県内の店舗に勤務していた元従業員の女性が
 計約2700万円の損害賠償を求めた訴訟があり、

 同社が女性に解決金1300万円を支払う等の内容で
 大阪地裁で和解していたことが分かった。
 (産経新聞WEB)


 同社は女性に解決金として
 1300万円を支払うということです。

 さらに、和解条項として、
 和解金の半額は男性従業員が負担、

 加えて、女性の居住する地域近隣に
 男性従業員を勤務・出張させない、として います。

 
 記事によれば、

 「数字を達成できなかったら彼女になるか、
 研修もしくは転勤だ」と脅すなどし、

 無理やりキスをしようとしたり、
 体を触ったりするセクハラを繰り返したという。 

 これはひどいですね。

 1300万円という高額になるのも
 わかる気がします。

 ただ、心の痛みを考えると、
 お金で済む問題ではないと思いますが・・・


 それにしても、
 いまだにこのような事件が後を絶たないのは
 どうしてなのか?

 社会全体で考える必要があるでしょう。

 まわりを見渡してみますと、
 まだまだセクハラに関する
 認識の甘い会社が多くなっています。

 まだまだ男性の社長が多いからでしょうか?

 これくらいいじゃないか?
 こんな声もよく聞こえてきます。

 このような事件をなくすのであれば、
 もっと厳しい対応が必要なのかもしれません。


 それはそうと、会社としても、
 セクハラ問題は見過ごせない問題でしょう。

 大事な人材が勤務できなくなる、
 社内の風紀が乱れる、
 さまざまな問題が発生します。

 まずは、セクハラは絶対に許さない、
 このような姿勢を示すことが肝心です。

 中途半端な対応だと、
 発生すると考えたほうがいいでしょう。

 絶対に許さないと方針を示しても、
 発生するくらいですから。


 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル