おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

遅くまでいる社員をほめないで下さい。


 ある会社で時短の研修中に、
 このようにお話ししたことがありました。

 この部分だけ抜き出すと、
 遅くまで頑張っている社員に冷たい仕打ち、

 ひどい話に聞こえるかもしれません。

 
 ただ、ここで言いたかったことは、
 「在社時間」をほめないようにということです。

 そのプロセスに良いことがあったら、
 良い結果があったらそこをほめようという意味です。


 時短を進めるうえで、
 最大の難関は経営者の意識改革です。

 多くの経営者は、
 遅くまで頑張っている社員を悪くは思いません。

 ほめることはなくても、
 ねぎらうことはするでしょう。

 ある意味人として当然のことだと思います。


 しかし、このようなことが続くと、
 単なるねぎらいではなく
 
 「認めてあげる」という効果が
 強くなってきます。

 ねぎらった本人にその気がなくても。


 そして「遅くまで頑張れば認められるんだ」
 「遅くまでいないといけない」

 このように思いこむようになっていきます。

 そして長時間労働が常態化していきます。


 長時間労働=いいこと、必要なこと


 このような前提を崩していく。

 そのためにも「在社時間をほめる」
 これはやめることをお勧めします。
  

 遅くまで頑張って何かを成し遂げたのであれば、
 その成果をほめるようにしましょう。

 

 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル