おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 
 給与計算実務能力検定第3回2級試験
 開催されます。

 
 給与計算実務能力検定試験は、
 企業・組織に不可欠な給与計算業務について、

 その知識・遂行能力を判定し、
 実務能力への確かな評価を与える検定試験で、

 厚生労働省認可の財団法人
 職業技能振興会が認定する公的資格です。


 この試験では、
 給与計算業務を正しく行うのに必要な
 
 社会保険の仕組みや労働法令、
 所得税・住民税等の税法等

 幅広い正確な知識を問うものです。

 社労士試験の一歩手前、
 あるいはこの分野については、
 社労士並みの知識が求められます。

 興味のある方は、
 検討してみてはいかがでしょうか?


 なお、私自身も、
 なかなか陽のあたりにくい、
 総務担当者に陽を当てたいという気持ちで
 運営に協力しています。

 試験の概要は以下の通りです。


 試験日時 2015年3月22日(日) 14:00〜16:00
 出願期間 2015年2月23日(月)
 試験会場 調整中
 受験料  2級:8,000円
 受験資格 特になし
 出題科目  
  ゝ詬新彁擦隆靄榲な仕組みの理解
  ∀働基準法や労働契約法などの
   労務コンプライアンスに関する知識
  5詬新彁擦防嫂錣垢覲銅鐚蠡海の基本
  ぜ匆駟欷唄愀犬隆靄榲な給付
  サ詬新彁擦忘把禪舵要な割増賃金などの計算方法
  実例に基づく基本的な給与計算の計算問題 など

 試験形態 問題数40問
         (知識問題35問、計算演習問題5問)。
         選択式、マークシート方式。
 合格基準 7割以上の得点獲得を合格基準点とします。


 詳細は、実務能力開発支援協会まで

 新潟県内での実施案内、対策講座は
 給与計算実務能力検定対策講座・新潟 まで 




 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル