おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 
 そして、
 新年明けましておめでとうございます。

 いよいよ2015年ですね。


 今年はどんな1年にしようか?

 このように考えている人も
 多いのではないでしょうか?


 そこで、私なりの、
 今年1年の過ごし方について、

 ビジネスの観点で、
 2つの選択肢を提示したいと思います。


 世の中の仕組み自体が
 大きく変化しようとしている。

 まだまだ社会全体には閉塞感があり、
 先が見えづらくなっている。

 現在の社会環境は、
 このような状態にあると思います。


 このような時期は、
 「勝つ」ことを目指すのか?

 それとも
 「生き残る」ことを目指すのか?

 どちらかの考え方にするのか、
 考える必要があるでしょう。


 勝つことを目指すのであれば、

 変化や不測の事態があっても、
 世の中がどのように変わろうとも 
 何ら揺らぐことのない、

 「絶対的な強み」が必要となります。

 
 中途半端な強みでは、
 揺らぐことのない強さとは言えません。

 つまり「NO1」の分野を作る必要がある
 ということです。



 もうひとつ、「生き残る」ことを
 目指すのであれば、

 「時流適応」が必要となります。

 世の中の動き、流れに合わせて、
 自分自身が変化していくということです。

 常識、社会の仕組み、
 このようなものが変化していくのであれば、

 私はこう思う、こうしたい、ではなく、
 流れに沿って変化していくということです。


 どちらが確実かと言えば、
 明らかに「時流適応」だと思います。

 まずは、こちらの考えで、
 きちんと生き残ることを考えるべきでしょう。

 そして、力を蓄えることができたら
 「勝つ」ための戦いをする。

 これが王道ですね。


 ただ、「勝つ」ことを最初から目指すのが
 悪いわけではありません。

 こちらが理想には違いありません。

 こちらのが楽しいですよね。

 「NO1」を目指すのですから、
 大変だということです。


 「勝つ」か「生き残る」か、
 あなたはどちらを目指しますか?

 新年を迎えるにあたり、
 まずはぶれない「軸」を作ってみましょう。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル