おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 先日、
 ある会社の常務から
 相談を受けました。


 どうしてもやりたいことがあるんだが、
 会社の風土をまるっきり変えることになる。

 とてもできそうにないんだが、
 何か良い方法はないか?



 ここであまり具体的には
 お知らせできないのですが、

 やれば必ず会社の業績が
 間違いなく向上する。

 しかも永続的に。

 そういう内容でした。

 そうであれば是非ともやりたいところですね。

 でも、大変すぎて先が見通せず、
 一歩踏み出せないということ。


 そこで、一つ質問をさせて頂きました。


 「30年かかればできると思いますか?」

 「さすがに30年かければできるよ」

 「それでは30年かけてやってみましょう」

 「なるほど、そう考えれば始められるね」



 こんなキッカケではじめたのですが、
 今ではどんどん改革が進んでいます。

 まず一歩踏み出して、
 やれることからはじめました。

 そして少しずつうまく行き出し、
 いまでは本格的に取り組みが始まりました。


 何が言いたいかというと

 なかなか始められない、
 大きなことを成功させるためには、

 急がないことが大事、
 まずは動き出すことが大事
ということです。

 
 時間に追われるのではなく、
 時間を味方につけるわけです。

 
 はじめはスローでも、
 だんだんうまくいくようになれば、
 自然とスピードは上がっていきます。

 そこで勢いがついたら、
 一気にスピードを上げていく。


 なかなか始められないことがあったら
 まずは急がず、

 できることからはじめてみましょう。

 時間を味方につければ、
 できないことは格段に減ります。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル