おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 総務省は、28日に10月の完全失業率(季節調整値)を
 発表しました。
 
 
 完全失業率は、前月比0.1ポイント低下の3.5%で、
 2か月ぶりに改善しました。

 就業者数は6390万人と、
 前年同月に比べ24万人の増加、

 22か月連続の増加となり、
 雇用者数も5629万人と
 前年同月に比べ33万人増加しました。

 完全失業者数は233万人と
 前年同月に比べ30万人の減少で、

 こちらは53か月連続で減少しています。

 
 また、厚生労働省は、
 10月の有効求人倍率(季節調整値)を
 発表しました。


 有効求人倍率は、
 前月比0.01ポイント上昇の1.10倍で、
 4か月ぶりに改善しました。

 有効求人倍率とは
 求職者1人当たり何件の求人があったかを示す指標です。

 都道府県別で
 最も有効求人倍率が高かったのは東京都の1.59倍、
 最も低かったのは埼玉県と沖縄県の0.76倍でした。



 これらの指標をみると、
 国全体の数値としては、限定的ですが、、
 いわゆるアベノミクスの効果は出ているようです。

 ただ、失業者が減ったといっても、
 働いている人がもらえる給料は、

 物価上昇よりも低い伸び率で推移しています。

 有給求人倍率は、悪くない数値ですが、
 多くのパート、アルバイトも含む数値であり、

 まだまだ本格的な改善とは言い難い状況です。


 これから選挙が行われますが、
 国全体に恩恵が広がるような経済対策を
 どのように行うのか?

 見極める必要がありそうです。


 、
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル