おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 いわゆる改正労働者派遣法が
 
 ついに先週、3月28日、
 参議院本会議で可決され、成立しました。

 初めに提出されたのが2010年3月29日ですから、
 2年越しの成立になります。


 この法改正は、
 派遣会社だけが影響を受けると
 勘違いしやすいのですが、

 派遣会社を受けいれる会社にも
 大きな変化が生じます。


 一番影響が大きいのは、
 次の事項です。

 -----------------------------------------------
 派遣先企業が契約期間を超えて働かせるなど
 違法な派遣があった場合には、
 
 派遣先企業が直接雇用しているとみなし、
 社員に登用させる
-----------------------------------------------


これは、「みなし雇用制度」と言われ
 法施行3年後に導入となりました。

 
 派遣期間に制限のある業務で、
 期間を超えて就業するなど、

 派遣期間に関するトラブルは
 多発しています。 


 派遣法に詳しくない会社が多く、
 違法状態であることを知らない場合もあります。

 
 ある日突然「直接雇用しなさい」と
 言われないように注意が必要ですね。


 他の改正点についても、
 間接的に影響を受けると思います。

 改正派遣法、内容をチェックしておきましょう。


 それでは、
今日はここまでにしたいと思います。

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問