おはようございます、新潟の社会保険労務士
新島です。

●前回までの復習です


成果が出ないのは次の2つの理由からだ

1.実行しない(できない)
2.続けられない


そして、前回は、
続けるには精神論ではなく

「習慣化」することが大事だ
という話をしました。


●どうやって「習慣化」するか?


一番簡単なのは、
やったことを「すぐほめる」ことです。

ほめられて嫌がる人はいません。

ほめられてうれしい、
認められた。

そうなると、
またやってみようと思えます。

そして
続けるようになり、

「習慣化」していきます。


また、一番効果があるのは、
60秒以内に褒めることです。

そこで、「すぐほめる」ということが
大事になります。

どんな方法があるか?

一番簡単なのは、

その場で「よくやったね」「いいね」と
声をかけることです。

すぐには無理でも、
日報等で報告を受けてからでも
いいでしょう。

これだけでも随分違います。


「やったねカード」を使い
成功した事例もあります。

習慣化したいことをやるたびに
スタンプがもらえる。

スタンプがたまると
商品がもらえる。

このようにして
楽しみながら習慣化に成功した事例もあります。


続けるためには「習慣化」が大切です。
自社にあった方法を考え、
実行してみましょう。

困ったときは、
ぜひご一報ください。


それでは、
今日はここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問