おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 ●前回までの復習です。


 成果が出ないのは次の2つの理由からだ

  1.実行しない(できない)
  2.続けられない


 では、どうして実行できないのか?

 それは、次の2つの理由からだ

  1.実行する能力、時間がない
  2.実行する気がない

 この2つですね。


 今回は、「続けられない」理由について
 説明します。



 ●どうして続けられないのか?


 まず、1回がんばってみる。

 よほど、ハードルの高い仕事でなければ、
 リーダーがきちんと話せば、

 みんなやってみることでしょう。

 でも、続けるとなると、
 簡単ではありませせん。


仕事に限らず、
 続けるのは難しいですね。


やっかいなのは、
 続けたほうがいいとわかっていても、

 続けられないことです。



 業績があがったほうが
 給料は上がるが、

 大変だから、やめておこう。

 忙しいから、やめておこう。


 ダイエットしたほうがいいが、
 我慢するのは嫌だ。

 こんなことはありませんか?


 では、どうすれば、
 続けられるようになるか?

 ここでよく取り上げられるのは、

「気合い、やる気が足りない」

 ということですね。


 でも、もうわかっていると思います。

 気合い、やる気だけでは、
 長続きはしません。

 精神論では、
 解決は難しいでしょう。


 では、どうすればいいのか?

 続けることができる「仕組み」を
 考えればいいんです。


 そこで、次回は、

   「続けることができる仕組み」

 についてお伝えします。


 それでは、
 今日はここまでにしたいと思います。

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問