おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 あうんの文化、もう限界

 昨日の日経新聞夕刊に、
 このような記事がありました。

 この記事は、

 日本で働いている外国人の
 苦悩を紹介しています。

 いつか例を挙げてみます。

 「海外部門にいつ異動できるのか」
 
 このように尋ねたら、

 「あなた次第だ」という答えが返ってきたという。


 「システム担当となっているが、
  海外要員として採用されたはずでは?」

 人事部にこのように尋ねたら、

 「まだ修行中の身だろ」という返答。


 その他にもこのような言葉に
 違和感を感じたという。


 「一を聞いて、十を知る」
 「自分で考えろ」
 「とにかくやれ」

 どれも、聞き覚えのある言葉ですね。


 僕は、日本人ですので、
 これらの言葉の意味はわかりますし、

 ある程度共感する部分もあります。

 ただ、外国人の指摘した、
 これら違和感を感じる発言は、

 日本の会社の問題点を
 端的に表しているのも事実でしょう。

 
 どのようにキャリアアップするのか
 示されていない。

 これでは、将来の自分の姿を
 創造できません。

 明るい未来が見えません。

 ちょうど現在の日本の状況に
 似ている気がします。

 これでは、
 会社で頑張ろうという気は起きません。


 上司の指示が不明確。

 これでは、部下は動きにくいですね。

 とても組織で動いているとは言えません。

 やり方や成果にバラつきがあり、
 安定した経営は望めません。


 確かに、
 日本流の「曖昧さ」にも
 いいところはあります。

 でも、現在のような激流に打ち勝つための
 力をつけるには、

 外国人が指摘したこれらの課題は、
 克服する必要があるでしょう。


 あなたの会社はどうですか?


 社員に明るい将来を見せていますか?

 明確な指示により、
 社員が的確な行動をとっていますか?


 もし、問題があり、
 課題解決の道筋が見えないようでしたら、

 相談に乗りますので、
 ご連絡ください。

 
 それでは、
 今日はここまでにしたいと思います。


 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問