おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 新年になって、
今年の抱負、目標を立てた方は、
 多いと思います。

 そして、目標と言えば成果、

 成果と言えば、
 それを与えるための給与、

 このような流れになることが
 多いのでは、ないでしょうか。


 でも、目標管理と給与を連動させた
 多くの会社では、

 失敗しています。


 それは、何故か。

 
   会社・・・目標を高くしてほしい
   社員・・・目標を低くしたい

 
 このように、
 それぞれ相反する考え方を
 持っているからです。


 給与が絡むとなると、
 どうしても考え方が保守的になります。

 給与を増やしたいのであれば、
 目標は低いほうがいい。

 目標が低いほうが得をする。

 このような、マイナスの考え方が
 多くなってきます。


 でも、本来、目標が高いほうが、
 会社も本人も良い結果を生むはずです。

 ですから、
 やはり目標は高く持つべきです。

 
 では、どうすればいいか?

 答えは簡単です。

 目標と給与を連動させなければ、
 いいんです。

 あくまでも、
 給与を決めるための基準は別に作り、

 目標は「目指すべき姿」として
 きちんと作る。

 こうすれば、いいんです。


 目標が高い低いに関係なく、 

 必要な成果を上げたか、
 やるべきことをやったかどうか、

 これで給与を決めましょう。


 それでは、
 今日はここまでにしたいと思います。


 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問