おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 セルフ式うどん店の「丸亀製麺」が
 全店の店長をパートタイマーに。

 このような記事がありました。

 詳細は、わかりませんが、
 パートタイマーを積極的に活用する姿勢が、
 見て取れます。


 なかなか、いい人が採用できない。

 人手不足だ。

 このような声を
 たくさん聞いてきました。

 このような話をする会社の多くで、
 まだ実施していないのが、

 パートタイマーの活用です。
 
 良い人材が採れないといいますが、

 パートタイマーの中に、
 良い人材が、たくさん埋もれています。

 パートタイマーと言っても、
 
 仕事がやりなくないから、
 パートタイマーとして働いているわけでは、
 ありません。

 それぞれ事情があって、
 パートタイマーとなっているわけですから。

 中には、

 営業成績がトップだった人が、家庭の事情で、
 パートタイマーとなっていることだって、あります。

 
 パートなんだから! という理由で
 仕事の範囲を絞っていませんか?

 パートだから仕事は大してしないと
 思い込んでいませんか?

 確かに社員と比べれば、
 会社にいる時間が少なく、

 教育の機会も
 社員と比べれば狭くなるでしょう。

 でも教育することによって
 能力を向上できることには変わりありません。

 中には、
 パートなんだから、これ以上仕事を増やして欲しくない

 このような人もいるかもしれません。

 でも、それ以上に
 もっと仕事を覚えたいという人が大勢います。

 
 社員より一生懸命働く人も
 大勢います。


 また、自分のスキルが向上すれば
 喜ぶものです。

 これは、社員もパートも関係ありません。

 パートでも向上心があります。
 成長するために頑張ります。


 パートだから能力が低いのではなく、
 教育をしないから伸びない。

 パートがダメといっている会社の多くは、
 このパターンです。

 
 よく考えてみれば、わかるのですが、

 そもそも、社員でも、
 最初から仕事ができたわけではありません。

 ですから、成長意欲があれば、
 パートでも社員と同じように成長します。


 勤務時間が短い、
 このような問題があったら、

 複数のパートタイマーで
 仕事をすればいいんです。

 確かにマネジメントの手間は増えますが、

 人手不足のまま動くよりは、
 よっぽどいいでしょう。

 社員一人よりもパート二人のほうが
 うまくいく場合もあります。


 人が採れないと
 悩んでいるのであれば、

 パートタイマーの活用を
 考えてみましょう。

 やらせる仕事を限定しない、
 ここがポイントですね。

 それでは、
 今日はここまでにしたいと思います。


 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問