おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。

今日は、社員教育と評価についてです。


社員に指導したいことは、
沢山あると思います。

あなたが優秀であればあるほど
部下の至らない点が沢山見えることでしょう。

そうすると、
人事評価や普段の指導で
沢山のことを要求するようになります。

要求することは、 悪くありません。

ただ、問題なのは
相手が消化しきれるかどうか、
ということです。

私がサラリーマンだったとき、
ある部署に非常に教育熱心な部長がいました。

でも、その部署は
みんな「げっそり」していました。

それは、何故か。

行き過ぎた教育熱心で、
部下に負荷がかかりすぎて、

みんな仕事をしたくなくなっていました。

もちろん、
会社も野放しにしていたわけではなく、
 
部長に注意もしていました。

でも、部長は
「こんなに一生懸命指導しているのに何で?」と
一向にその意味を理解しません。

そして、その後転勤を命じられました。

指導は大切ですが、
相手が消化しきれなければ意味がありません。

まずは大切なことに絞って、
それを徹底していきましょう。

評価も同じように、
大事なことに絞って行うことから始めましょう。

そうすれば、確実に成果があがります。


それでは、
今日はここまでにしたいと思います。


最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問