おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。


給料をあげてくれ!

このように言われて困惑する。

経営者であれば、
誰しも一度は経験することですね。

  
では、このような場合、
どのように対応するのがいいのでしょうか?


給料を増やしますか?

要求を突っぱねますか?

 
給料を増やしても、
もっと増やしてくれと言われるかもしれません。

要求を突っぱねたら、
不満を持ちながら、働くことになります。


どちらも上手なやり方とは
言えません。


一番効果があるのは、
「給料の増やし方」を教えることです。

何をどう頑張ったら給料が増えるのか
教えることです。

頑張った給料を増やしてあげる。

これならどの会社でも
納得できる給料の増やし方ですね。

本人も、どうやって給料が増えるのかがわかれば
頑張ろうという気が起きます。

頑張ろうという気が起きなかったとしても
少なくとも不満は大きく減ります。


給料に関する不満の多くは、
「金額」ではなく「決め方」です。

給料の決め方を定めて、
公開するようにしましょう。


これができていないと、
給料が多いのに不満を生むという

何とも悲しい結果になりかねませんので
注意しましょう。


もっと怖いのは優秀な社員が、
不満をもつことです。

頑張っているのに評価されていない。
こう思う人が増えたら、
大変です。

全社的に少ない中でも
多めに払っている。

少なくともこのようには、
理解してほしいですね。


決めて、公開する。

是非実行していきましょう!


それでは、
今日はここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問