おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。


褒めるという行為は、
人材育成において重要な行為です。

褒められることにより、
その行動を続ける大きな動機づけになるからです。

そんなことで?

そう思うかもしれませんが、
実際やってみるとすぐにわかります。

給料をあげるより
喜ばれることがあります。


ただ、最近気になるのは、
個人を褒めることが多くなっている
ということです。

もちろん、
個人を褒めることが悪いとは思っていません。

頑張った人が褒められるのは
当然のことです。

しかし、個人プレーばかりが
増えては困ります。

特定の人ばかり褒められるのでは、
チームとしてのまとまりに欠けます。

いつも同じ人だけ喜ぶというのも
しらけてしまいますね。

そこで、お勧めしたいのが 
「みんなを褒める」ということ。

具体的に言えば、
「チームを褒める」ということです。

会社全体、あるいはチーム全体の
成果を褒めるようにしてみましょう。

そうすることにより、
みんなで喜びを共有し、

みんなのモチベーションをあげることが
可能となります。

もちろん、今まで通り、
個人を褒めることも、
どんどんやっていきましょう。

みんなを褒めて、
個人も褒める

これで会社を盛り上げていきましょう。


それでは、
今日はここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問