おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。

最近、インセンティブ、歩合給の相談が
増えてきています。

成果に応じて給与を増やす
ということですね。

これは、我々も大いに推奨しています。

それは、なぜか。

成果を出してすぐに
その結果が跳ね返ってくるからです。

しかし、全くの期待ハズレ。

賞与なら半年後
昇給なら1年後、

この頃になったらもう忘れてしまいます。

一番喜ぶのは、
すぐに褒められることです。

心理学的には、一番喜ぶのは
60秒以内に褒められることです。

月単位で精算される、
インセンティブや歩合給は、
すぐに褒めるのに適しています。

もちろん、
人件費ばかり増えては困りますね。

そこで、
単純にインセンティブを上乗せではなく、

月給や賞与も含めて、
「給与の払い方」全体を見直すことを
お勧めしています。


尚、インセンティブの唯一の欠点は、
残業単価が毎月変わってしまう可能性がある

ということです。

この点については、
いろいろ工夫することで

手間は省けるようになりますので、
検討する際は、一度ご相談下さい。


それでは、
今日はここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問