おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。


ちょっと気になっている助成金があります。

使い方を間違えると、
毒まんじゅうになります。

「業務改善助成金」という助成金です。

簡単に言いますと、
最低賃金額が700円以下となっている県にある会社が、

社内での最低賃金を4年以内に800円以上にすると、
助成金がもらえます。

助成の対象は、最低賃金を引き上げるために使った
費用です。

賃金制度の整備、就業規則の作成・改正、労働能
率の増進に資する設備・器具の導入、研修等

このようなもので使った経費の半額、
最高100万円が助成されます。


モノを買ってもらえる助成金が
あまりないので、
人気が出そうな気もします。

しかし、全員の時給800円以上にするのは、
零細企業だとなかなか難しいところがあります。

でも助成金がもらえることも魅力。

やってみようか!
こんな人もいるかもしれません。

でも、助成金は1回のみですが、
制度はずっと残ります。

助成金額より多くの出費を強いられることが
あります。

そう考えると、
食べてみたら毒まんじゅうだった、
こんなことになりかねないなと心配しています。


将来、法定の最低賃金を800円以上に引き上げる。

このような議論もされています。

しかし、決まったことではありません。

派遣法もそうですよね。

製造業、登録型派遣禁止は、
結局取りやめですね。

ですから、助成金にとらわれず、
賃金引き上げを考えるべきだと思います。


もちろん、みんなの時給が800円以上になるのは
いいことです。

方向性には賛成です。

でも、助成金に乗っかったやり方でなくても
いいと思います。


この助成金は、
経営にある程度ゆとりのある中小企業が
使うものではないでしょうか?

毒まんじゅうにならないよう、
気をつけましょう。


800円以上にしたいという会社は、
その準備に使えますので、
是非とも活用しましょう!



それでは、
今日はここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問