おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。

心の良い状態をまず求めるという
「心エントリーの発想がある」


スポーツドクターの辻秀一氏が
著書「第二の脳」の作り方において発表した

結果を出している人の持つ法則です。


辻氏は著書のなかで、「心の良い状態」のことを
「フロー状態」と言っています。

「フロー状態」とはどういう状態か?


「無我夢中で楽しい、最高の心の状態」

これがフロー状態です。

常にフロー状態にする、
フロー状態でいられる時間を増やしていく。

これが成功者の法則というわけです。


日本ではアメリカの影響からか、
成果主義というものが浸透してきました。

結果ばかり見るようになってきました。

その結果、ストレスを抱える人は
増えてきました。

働く人のメンタルヘルス問題が
クルーズアップされ、

国の重大課題ともなっています。

このようにメンタルに問題を抱えている人は
フロー状態と逆の状態にあります。

常にプレッシャーにさらされ、
いつも何かに脅えながら暮らしている。

これでは、成功どころか、
自分自身を追い詰めています。


もちろん、結果は大事です。

しかし、心のケアができていなければ
結果が出ても、自分がつぶれてしまいます。

そういう人を見たり聞いたりしたことは
ありませんか?

また、嫌々やっている仕事が長続きすることは
ありませんよね。


成功することはもちろん、
それを長く続けていくには、

フロー状態であり続けることが大事ですね。


私も以前、売上を上げることばかり考えて
毎日を過ごしていた時期がありました。

結果だけを見れば成功でした。

しかし、まわりの人たちとの距離はどんどん離れ、

結果は出ても、喜びを分かち合える人が
いなくなってしまったことがあります。

そして、仕事をしていくやる気が
なくなっていきました。

その時に、自分の心の持ち様について
考えるようになりました。

そして、今回の法則に触れたとき、
どうしてこんなことになったのか、理解しました。


あなたは「無我夢中で楽しい、最高の心の状態」
になっていますか?

どれくらい、「無我夢中で楽しい、最高の心の状態」
でいられますか?

「楽しい状態」でいられる時間をどんどん増やして
いきましょう。

そして「成功」をつかみましょう。


経営者の方は、従業員の心の状態を
考えてみてください。


今日は、ここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


相談を受付中です→社会保険労務士に質問