こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。

アクセルとブレーキを一緒に踏むな!


これは、僕がよくアドバイスさせてもらう
言葉です。

もちろん、車の運転のことではありません。

ビジネスの話です。

アクセルを踏む=売上を上げようとする行為と
ブレーキを踏む=売上を上げるのをやめる行為、

これを一緒にやってはいけない、
ということです。


そんなことないだろ!

そう思う人もいるでしょう。

でも実際には、アクセルとブレーキを
一緒に踏んでいる人をよく見かけます。

特に独立・起業したての人に
よく見かけます。


売上をあげようと、営業をしたり、
DMを作って送ったりします。

しかし、売上があがってくると、
自分だけでは、さばききれなくなり、

営業をする時間も意欲も
なくなっていきます。

目の前のお客さんへの対応だけに
追われる毎日となります。

そして、年がら年中忙しい。
中々売上が伸びない。

どうしたら楽になれるんだろう・・・

こんな風になってしまいます。


実は、私自身も最初はそうでした。

人を雇はなければお金がかからず、
全部自分の収入となります。

わかりやすいメリットですね。

だから全部自分でやろうとする。

DMを出したり、広告を出したりしなければ、
お金がかからない。

利益が出やすくなる。

しかし、これらのことは、自分で一生懸命
ブレーキを踏んでいたことになります。

成長スピードを落とす行為をしていました。

これでは、事業がなかなか成長しない
のは当然ですね。


その後、ブレーキを踏むのを辞めて、
従業員を雇用し、外注も始めました。

インターネットではありますが、
お金をかけて広告をはじめました。

そうしたら、アクセルを踏む効果だけでなく、
ターボエンジンをつけたように、
成長が加速しだしました。

1+1が2以上になったんです。

作業負担だけでなく、心理的負担も
大きかったんですね。


コストがかかるからと言って、
誰かに仕事を頼むことを躊躇する。

販促に必要な経費をかけようとしなし。

目の前の出費は避けれれますが、
成長スピードを著しく遅くします。

いつまでたっても楽になれません。

必要なコスト、必要な人件費は
思い切って投入しましょう。

そして、使った分は必ず回収する
強い意志をもって仕事をしましょう。

そうすれば、今まで以上に
成長スピードが上がります。

自分でできることも増え
仕事が更に楽しくなります。


アクセルとブレーキを一緒に踏む。

もし、事業で成功したいと思うなら、
絶対にやってはいけないことですね。

気をつけましょう。



今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


助成金の相談を受付中です→新潟助成金申請センター