こんにちは、新潟の社会保険労務士新島です。

社会保険総合調査が盛んに行われています。

この調査の結果次第で、次の処分が下される可能性があります。

 ・本来社会保険に加入すべき人で未加入の人を
  「遡って強制加入させる」

 ・給与が上がっているのに、届出をしていなかった
  場合、不足している社会保険料を徴収する

 ・賞与を支払っているのに届出をしていなかった
  場合、不足している社会保険料を徴収する

他にもありますが、会社としては、主に上記のリスクを伴う
調査です。


社会保険未加入の問題は、多くの会社に存在すると言われています

いろいろな人からまだ社会保険は入らなくてもいいよ、保険料を払えないんだから仕方ないと言われたことはありませんか?


でも、昨年の調査では、2名の社員について2年間遡って加入させ、2年分の社会保険料を徴収されるという事例がありました

私の顧客ではありませんが。


みなさんの会社でこのようなことが起こったらどうしますか?


社会保険に入ることの是非については、敢えてこの場では言いません。


ただ、社会保険に未加入のリスクは非常に高くなっている、このことは覚えておいたほうが良いでしょう。



今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


社会保険の相談を受付中です→新潟市の社会保険労務士事務所