こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。新潟は強い雨が降っています。強い雨だからという理由で来客が1件なくなりました(笑)

 さて、今日は「最低賃金が決定!」このテーマについてお伝えします。

まずはコチラをチェック!
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
 今日は、「新潟県など最低賃金が決定!」、このテーマについてお話しします。

 今年度の最低賃金が出そろいましたので紹介します。

   北海道 667円  青森県 330円
   岩手県 628円  宮城県 653円
   秋田県 653円  山形県 629円
   福島県 641円

   茨城県 676円  栃木県 683円
   群馬県 675円  埼玉県 722円
   千葉県 723円  東京都 766円
   神奈川県766円

   新潟県 669円  富山県 677円
   石川県 673円  福井県 670円
   山梨県 676円  長野県 680円

   岐阜県 696円  静岡県 711円
   愛知県 731円  三重県 701円
   滋賀県 691円  京都府 717円
   大阪府 748円  兵庫県 712円
   奈良県 678円  和歌山県673円

   鳥取県 629円  島根県 629円
   岡山県 669円  広島県 683円
   山口県 668円  

   徳島県 632円  香川県 651円
   愛媛県 631円  高知県 630円

   福岡県 675円  佐賀県 628円
   長崎県 628円  熊本県 628円
   大分県 630円  宮崎県 627円
   鹿児島県627円  沖縄県 627円

 ほとんどの都道府県で引き上げになっていますが、以下の県については前年と同様です。

   新潟県、岐阜県


 これらの数値を見ていると、最低賃金を1000円に上げるという話は途方もないことだな、と思います。

 尚、業種別最低賃金が適用される業種は、上記金額とは別に設定されていますので注意して下さい。
 

 
 役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


残業の相談を受付中です→社会保険労務士に相談