こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。ある専門家についての苦情を聞かされました。いつも法律通りの答えだとか。だったら、必要ないですよね。役所に聞けばいいので。

さて、今日は「健康保険料率の改定」、このテーマについてお伝えします。

まずはコチラをチェック!
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
 今日は、健康保険料率の改定、このテーマについてお話しします。


 ご存じの方も多いと思いますが、健康保険の業務がきょうかい健保に移行し、9月から県別の健康保険料になります。

 まとめてみましたので、チェックしてみてください。


  北海道 8.26%  滋賀県 8.18%
  青森県 8.21%   京都府 8.19%
  岩手県 8.18%   大阪府 8.22%
  宮城県 8.19%  兵庫県 8.20%
  秋田県 8.21%  奈良県 8.21%
  山形県 8.18%   和歌山県 8.21%
  福島県 8.20%   鳥取県 8.20%
  茨城県 8.18%   島根県 8.21%
  栃木県 8.18%   岡山県 8.22%
  群馬県 8.17%   広島県 8.22%
  埼玉県 8.17%   山口県 8.22%
  千葉県 8.17%   徳島県 8.24%
  東京都 8.18%   香川県 8.23%
  神奈川県 8.19% 愛媛県 8.19%
  新潟県 8.18%   高知県 8.21%
  富山県 8.19%   福岡県 8.24%
  石川県 8.21%   佐賀県 8.25%
  福井県 8.20%   長崎県 8.22%
  山梨県 8.17%   熊本県 8.23%
  長野県 8.15%   大分県 8.23%
  岐阜県 8.19%   宮崎県 8.20%
  静岡県 8.17%   鹿児島県 8.22%
  愛知県 8.19%   沖縄県 8.20%
  三重県 8.19%

 
 新潟県は少し下がりましたが、皆さんの会社はどうですか?

 
役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


就業規則の相談を受付中です→社会保険労務士に相談