こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。昨日は子供とサッカーをして足が棒のようになりました。運動不足ですね。

さて、今日は「政権交代と労務管理」、このテーマについてお伝えします。

まずはコチラをチェック!
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
 今日は、政権交代と労務管理、このテーマについてお話しします。

 昨日は民主党の圧勝で歴史的な一日となりました。

 このブログで政治の話題に触れるつもりはありませんでしたが、労務管理について、様々な影響がありそうです。

 どんな変化が見られるのか?
 報道されている内容から取り上げてみます。

 ●子供手当の支給

 1人26,000円支給する計画のようです。
 特に所得制限を設けていないので会社への影響は少ない?

 パートタイマーの働き方に変化はある?
 アンケートをしてみてもいいかもしれませんね。

 会社によっては家族手当を減らすかも。
 そうすると効果は薄まりますね。


 ●出産育児一時金増額

  55万円とする計画ですね。
  これは大きな影響はなさそうですが、いつからはじまる
  のか?人事担当者は注視する必要がありますね。


 ●高校無償化

  これは家族手当見直しにつながるでしょう。
  一部支援なら据え置きも良いのですが、無償となれば
  家族手当が存在する意義が薄まりそうです。


 ●暫定税率見直し

  マイカー通勤費の引き下げにつながる?
  

 ●高速道路無料化

  経費が安くなる?移動時間が読めなくなる?


 ●非正規労働者への雇用保険拡大

  適用の基準が変わるということ。
  人事担当者は注視する必要があります。
  会社負担も増えることになります。

 ●求職者支援拡大

  具体策はまだ見えていません。
  ただ、助成金だけでは限界という気が。
  助成金のおかげで採用が増えることはそれほど
  期待できませんし。

 ●労働者派遣法見直し

  元来、必要性があって存在した制度であり、見直し
  あるいは大幅な規制により、人事政策の見直しが
  必要となりそうです。


 ●後期高齢者医療制度の見直し

  少子高齢化が進む中、人事担当者としては知らない
  では済まされません。

 
 こんなところでしょうか?

 でも、まだまだどうなるかわかりません。
 注視していく必要がありますね。


役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


就業規則の相談を受付中です→社会保険労務士に相談