こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。今日お会いした会社さまは、今年も昇給バッチリ、ボーナスも昨年並みということ。このような時勢でも、調子の良い会社は、あるもんですね。

さて、今日は「選択型(賃金減額型)の401K」、このテーマについてお伝えします。

まずはコチラをチェック!
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
 今日は、選択型(賃金減額型)の401K、このテーマについてお話しします。

 ダイレクトメールやチラシで選択型(賃金減額型)の401K(確定拠出年金)の紹介が増えてきました。良く質問を受けるので、簡単に説明しようと思います。

 仕組み自体は簡単です。賃金の一部を今賃金としてもらうか退職金としてもらうか選択します。退職金として選択した場合は、401K(確定拠出年金)の掛金として会社が拠出するという仕組みです。

 会社は、社会保険料分の人件費が削減できます。労働者は社会保険料と所得税(おそらくですが)が削減できるというスキームです。

 どちらも得なのだから導入してみませんか?ということですね。

 ただ、よくよく考えてみると問題点も見えてきます。

 401k(確定拠出年金)は60歳まで引き出せないので、老後資金として理解していればいいのですが、退職時にもらえる貯金感覚ですと後でトラブルになる可能性があります。

 また、中途退社の場合は、401k(確定拠出年金)を運営している会社が少ないため、移行できない可能性が圧倒的に高いのが実情です。そうなると、自分で運営管理機関を探さないといけません。

 手数料等も考えますと資産が目減りすることも考えれます。

 会社サイドからしてみると、社会保険料が減るといっても401Kの運営に手数料がかかるわけですから、プラマイゼロ、あるいは若干持ち出しになることもあるでしょう。

 そうなると、会社と労働者ともに得とは限りません。

 要するに、このスキームは何らかの目的、あるいは事情があって401Kを導入したいと思っている会社に有効ということです。


 役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


退職金制度の相談を受付中です→社会保険労務士に相談