こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。4年ぶりにブログをリニューアルしました。見やすくしたつもりですが、どうでしょうか・・・。それにしても、よく4年以上続いているなと、自分で感心します。

さて今日は、助成金に関する法改正についてお伝えします。

まずはコチラをチェック!
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
今日は、助成金に関する法改正、このテーマについてお話しします。

4月に入って、次々と助成金に関する法改正が相次いでいます。たくさんありますので、何回かに分けてお伝えします。

今日は、中小企業雇用安定化奨励金の改正についてです。

中小企業雇用安定化奨励金は正社員に転換する制度を設け、実際に制度を活用した従業員がいた場合にもらえる助成金です。この奨励金について、新たな奨励金が加わりました。

1.共通処遇制度奨励金

フルタイムの有期契約労働者について、正社員と共通の処遇制度を新たに導入し、当該制度の適用を受けた対象労働者が1人以上発生した事業主に対し、50万円を支給。

2.共通教育訓練制度奨励金

フルタイム有期契約労働者について、正社員と共通内容の教育訓練制度を新たに導入し、当該教育訓練を受けた対象労働者がフルタイム有期契約労働者の一定割合を超えた事業主に対し、35万円を支給。


今までは、正社員にしないともらえませんでしたが、今後は有期契約労働者のままでも、奨励金がもらえるようです。

正社員化を進めるのも大事ですが、同時に有期契約労働者の処遇改善、スキルアップも進めたいという思いが読み取れます。

以前からあったパートタイム助成金にも似ていますね。
これは、使える会社が多そうです。

ただ、あくまでも自社で必要なことをしてもらうようにして下さい。
助成金をもらうために制度を作ることは勧めません。

助成金は1回ですが、制度はずっと残るわけですから・・・


役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


助成金の相談を受付中です→社会保険労務士に相談