こんにちは、新潟市の社会保険労務士「にいじま」です。

最近、製造業派遣に関する話題でもちきりです。事務所にもさまざまな会社からご質問を受けています。

今回はこの製造業派遣の問題についてです。

まずはコチラをチェック!→人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
先日、NSTスーパーニュースに出演しました。(1月8日放映)
nst.jpg


いわゆる派遣切りについての特集において取材を受け、コメントさせて頂きました。

やはり、まだまだ企業側、労働者ともに「派遣」に関する知識が不足している気がします。

もともと雇用調整がしやすいという目的で派遣社員を導入している会社が多いと思います。ですが、いつでも好きなタイミングで何もせずに契約を打ち切ってもよいというわけではありません。逆に法律に乗っ取った形であれば、契約期間満了で雇用関係を終了することができます。このあたりの詳細な知識が不足しているのではないでしょうか。

派遣先、派遣元2つの会社がそれぞれ派遣に関する知識をもっと持つべきでしょう。

労働者も派遣に関する知識をしっかり持つべきですね。そもそも、長期の雇用を約束されたものではないこと、社員登用を前提としているわけではないこと、このあたりを覚悟する必要があります。もっとも、この部分も派遣元がきっちり伝えれば良いことですが・・・


しかし、何と言っても制度だけ作ってその不備について有効なセーフティネットを作っていない行政の問題は大きいと思います。いずれこのようなことが起こることは想像できたはずですから。


もうすぐ2009年問題も控えています。

本当に問題が山積しています。


国会などでは派遣の規制や禁止を検討しているようですが、単に善悪だけで片付けられる問題ではないような気がします。

この不景気の中でどのようにして雇用を確保していくのか、失業者にどのような手当をするのか、企業が雇用しようと思える人材としてどのように育てていくのか、社会としてこの仕組みをつくって行く必要があるのではないでしょうか?


そうだね!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


社会保険労務士への相談はコチラから!