こんにちは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。今回のテーマは「ねんきん特別便」についてです。

今日から「ねんきん特別便」が送付されます。みなさんに加入記録を確認してもらうためということです。でも、どのように確認したら良いのか。そこがわかりにくいところですね。

そこで、テレビ局の方と一緒に記録確認に密着取材を敢行。私もテレビに出演して解説させて頂きました。

まずはコチラをチェック!→人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


BSNイブニングニュースの特集「迷走年金・・・記録確認に密着」に出演しました!

今日から「ねんきん特別便」が順次発送されます。
内容を見ると自分の加入記録が確認できます。

そこでねんきん特別便を読むときの注意点を示すとともに、実際に年金記録の確認をする方に同行して調査の実態を取材したという内容です。

私も、記録確認に同行して年金記録の見方や注意点をお伝えしました。結果として記録に問題はなかったのですが、専門用語が多くて仕組みがわかりづらいとおっしゃっていました。

また、年金の見込額も試算して頂いたのですが、その金額に驚いていました。「えっこれだけなの!」ということで。

また、ねんきん特別便に関してもコメントしています。特に気になるのはねんきん特別便には納付記録の詳細について記載がないこと。合計の納付月数は表記されますが、具体的に未納の期間が示されるわけではないので、わかりにくいですね。

厚生年金は納付記録の問題は少ないかもしれませんが、国民年金は「収めたハズなのに」という話を良く聞きます。特別便とは別に、保険料の納付記録を調査することをお勧めします。

また「ねんきん特別便」が送られるのは、いわゆる「名寄せ」の結果、記録を訂正する可能性がある人からということになっています。他の方は、実際に送られてくるのはまだ先になります。他人事とは考えず、今のうちに自ら確認することをお勧めします。

以前もお伝えしました通り、私自身収めたはずの国民年金保険料が1年分未納になっている状態です。よって、私もこの問題の当事者となっています。

調査もして頂いたのですが、「問題ない」という回答。しかも回答が出るまでにかかった時間は「3ヶ月」。長かったですね。

そして、いよいよ第三者委員会へ依頼か、という状態です。

ただ、「確からしい」という証拠はなく、暗礁に乗り上げている状態です。第三者委員会については認定の実績についての発表が多くなっていますが、実際には私のように証明ができなくて困っている人の方が多いのではないでしょうか?


役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!



初回メール相談は無料です!

社会保険労務士「にいじま」のプロフィール