こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。

引退したサッカーの中田選手、ロッテのバレンタイン監督、立場は違えど、ともにチームに大きな影響を与えた2人です。しかし、その手法はまるっきり逆です。今回はその違いを比べながら部下への接し方についてお話ししようと思います。

まずはコチラをチェック!→人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
中田英寿選手とバレンタイン監督、立場が違いますので、あくまでも他人への働きかけという観点で考えて欲しいと思います。

まずは元サッカー日本代表で既に引退した中田選手。試合中はもちろん、練習中も他のメンバーに厳しい言葉を浴びせかけ鼓舞していました。

自ら嫌われ役となり奮起を促す、あるいは、おとなしいメンバー間の議論を活発化させる、このような効果を狙っていたように思えます。もちろん、本当のところは本人しかわかりません。

報道によると、中田選手の意図は思うように伝わらず、孤立していたと言われています。非常に残念なことです。

一方、千葉ロッテマリーンズのバレンタイン監督。彼は選手「褒めて」「のせる」のが上手な監督と言われています。いいプレーをしたら「いいぞ!そのプレーだ!」という感じで、どんどん褒めます。選手は気分がのってきて、更に頑張ります。

そして昨年ロッテはプレーオフを経て、見事日本シリーズを制覇しました。要因は様々ですが、バレンタイン監督の人心掌握術を称える人は多いですね。

この事例を会社にあてはめて考えてみたいと思います。中田選手、バレンタイン監督、1つの部署を任せるとしたらどちらがいいと思いますか?

絶対こちらがいいとは言いきれません。ただ、中田選手のように嫌われ役が成功するのは「選手の反発」と「反発をバネにした奮起」が必要となります。今時の社員では難しいかもしれませんね。

一方、「褒めてヤル気にさせる」バレンタイン監督の方式は、「ヤル気向上」に有効な手段として広く取り入れられています。怒られることよりも褒められるほうが気分がいい、これは当然のことですね。それに「認めてもらえた」という精神的満足が得られれば、更に頑張ろうと思いますね。

社員を「褒める」ことより「怒る」ほうが多くなっていませんか?

「そうかもしれないな」と思った方は社員との接し方について一度見直してみることをお勧めします。


なるほど!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


初回メール相談は無料です!

社会保険労務士 越後の虎 プロフィール