こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「教えて退職金制度」、中退共についての話題です。

多くの中小企業で退職金制度あるいは積立手段として活用されている中退共(中小企業退職金共済)ですが、先日昨年度の資産運用利回りが発表されました。

まずはコチラをチェック!→人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!
平成17年度における中退共の資産運用利回りは8.34%ということでした。ここ数年の運用利回りと比べ突出して高い水準ですね。これは株式の収益率が高かったことが一番の要因となっているようです。

中退共は財務体質に問題があると言われてきましたが、若干持ち直してきているようですね。ただ、今後も同程度の運用利回りが確保できるとは限りません。よってまだ手放しで喜べる状態ではないことは確かです。

とは言っても、あくまでも公的な制度ですので破綻する可能性は低いと考えます。そう簡単に破綻させないでしょう。もちろんこれは個人的な考えであり、断言できませんが。

ところで、今回の運用利回りは予定の利回りを上回っていますので、通常の退職金に加えて「付加退職金」が上乗せされることとなります。中退共を退職金の積立手段として活用している会社にとっては、こちらの方が嬉しいニュースですね。

ただ、適格年金からの移行シミュレーションをする場合は、ちょっとややこしくなりますね。

役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


初回メール相談は無料です!

社会保険労務士 越後の虎 プロフィール