「ハインリッヒの法則」を知っていますか?

重大な事故が1件起こる場合、事前に同じ原因の軽微な事故が29件発生している。さらに、事故にはならなかったが同じ原因の問題が300件発生している。


まずはコチラをチェック!人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!

法則だけではわかりにくいかもしれませんね。車の事故に例えてみます。一時停止の看板があってもいつも減速するだけで止まりません。このままだとどのような事態になるでしょうか?
・300回は何も問題は起こらず
・29回は他の車と軽微な事故となる
・1回は生死に関わる重大な事故となる

つまり、普段からの不注意がいずれ重大な事故を招くということです。何もなかったのは「運が良かった」だけで330回繰り返せば重大な問題となるということです。

仕事でも同じです。普段の仕事で「まあいいか」「仕方ない」と言って済ませることが多くありませんか?上司が部下を指導しなければいけないのに「忙しいから」「揉めたくないから」といって注意しないことはありませんか?

やはり、会社の方針や決め事は、普段から「徹底する」クセをつけることが必要でしょう。1回言ってわからなければ、わかるまで何回でも繰り返す。その結果、企業の風土として根付いていくでしょう。逆に徹底できず、放置していたら「ハインリッヒの法則」に従えば、いずれ大きな問題を招くことになります。

あいまいな賃金の決め方、サービス残業問題などの労働法に反する行為など、これらのことも同じだと思います。今何も起こらないから大丈夫だ、というのは思い違いでしょう。その問題が表面化したときには経営を揺るがす大問題となるかもしれません。

役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!
より多くの方のお役に立ちたいと思っていますので、応援お願いします!


人事制度の相談を受付中です→社会保険労務士に相談