今日は継続雇用制度相談室です。

人気ブログランキングに参加中!
ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます
↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。

「急いで下さい!」この言葉にご用心?

多くの人が知っている通り、来月より改正高齢者雇用安定法が施行されます。この法律により全ての企業は60歳以降の雇用延長制度を設けることが義務付けられます。

何度もこのブログで取り上げていますが、一定条件のもとに、「定年の引き上げ」「継続雇用制度」を導入することにより「継続雇用制度奨励金」を受け取ることができます。但し、改正法が施行されますと助成金の金額は減少し、その条件も一層厳しくなります。当たり前のことですが。

そこで、最近よく耳にするのが「急いで下さい!」と言うフレーズ。確かに全て間違えているとは申しませんが誤った情報が提供されていることがあるようです。結論を言う前に、問題です。次の問いかけのうち、間違いはあるでしょうか。

1.3月中に制度を作って下さい
2.3月中に書類を整えて下さい
3.3月中に申請して下さい

確かにどれも完全に間違いとは言い切れません。ただ、注意して欲しいのは「3月中に申請して下さい」というフレーズ。これを3月中に申請しないと助成金がもらえないと捉えるのであれば、正確ではありません。

継続雇用制度奨励金の申請期限は「継続雇用制度を導入した日の翌日から起算して6ヶ月以内」となってます。つまり申請は4月以降でも可能なわけです。ただ、気を付けて下さい。4月以降に制度を導入しても奨励金はもらえません。あくまでも「助成金の申請」が可能ということです。

ということは「3月中に書類を整えなければダメだ」というわけでもないですね。3月中に申請しないといけない、ということでバタバタしすぎないようにしましょう。もちろん、早く書類を整えたほうが良いのは確かですが。

ただ、何度も言うように助成金に制度が引きずられないようにして下さい。助成金をもらえるのは一瞬ですが制度はずっと残ります。

また、勘違いしている方が多いようですが対象者が辞めれば助成金はもらえなくなります。助成金はもらえず制度だけ残る。このような悲惨な事例もありますので注意して下さい。


役に立った!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!応援お願いします!

初回メール相談は無料です!

■労働法を斬る■
教えて退職金制度(60)どうする?残業問題(37)
継続雇用相談室(16)解雇/懲戒110番(14)
辛口?コラム集(13)マクドナルド問題の考察(6)
■その他コラム■
長時間労働削減の切り札!タイムマネジメントのススメ(13)

社会保険労務士 越後の虎 プロフィール