今日は新コーナー「モデル就業規則の恐怖」、派遣会社での事例です。

人気ブログランキングに参加中!
ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます
↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。

「口座がわからなくて給料が振込めません」こんなことが起こっていませんか?

先日、派遣会社の方と話をしていたときに、登録スタッフが多くて作業が大変だ!ということを話していました。中でもやむなく現金で給料を支払うことが多いとか。それは何故でしょう?

「課長、A君の給料が振込めません」
「いったいどうしたんだ!」
「何回言ってもA君が振込口座届を出さないんです」
「それは君がきちんと言わないからだろう」
「忙しくて口座を作る暇がないって言うんです」
「出さなきゃクビって言えばいいだろ」
「そんなこと規則にはないし・・・」

こんな会話が繰り返されているようです。それにしても、いきなりクビは行きすぎですね。とは言いつつも、このような事例は良くあるのではないでしょうか。どの会社でも必ずといっていいほど、振込口座の申請が遅れる従業員がいます。そんな従業員に対し、どのように対応しますか?仕方なく現金で渡したりしていませんか?

仮に書類提出について就業規則できちんと定めていれば、こんな面倒なことにならなかったのですが。聞いてみるとこの会社ではよくありがちな「モデル就業規則」をインターネットでダウンロードして使っていたようです。入社時の書類提出に関しては次のように記載されていました。

第15条 従業員として採用されたものは、次の書類を速やかに提出しなければならない。

1.履歴書
2.住民票記載事項証明書
3.その他会社が指定した書類


どうでしょうか。確かに問題はないようにも見えます。しかし、よく考えてみると問題だらけです。まず、具体的に「振込口座届」は記載されていません。これでは有効な反論はできないですね。さらに「提出期限」も記載されていません。これではダメですね。そして、未提出者に対する処分も規定していませんので、これでは抜け穴だらけの規定と言わざるを得ません。

モデル就業規則は最低限必要な事項を列記しているだけです。抜け穴だらけになっているのは当たり前です。今回の事例では、「他の書類も含め、入社時に提出すべき書類を具体的に列記する」「提出期限と違反した者への処分を記載する」この2点が必要でした。このことを派遣会社の方に話たら「処分なんて・・」と言っていました。その曖昧な態度がこのような事態を招いたのはではないでしょうか。

今回の事例では、まだ「損害」は少ないほうです。人事担当者の作業が煩雑になっているだけですので。それでも貴重な時間をロスしているわけですから、大変なことです。気軽に「モデル就業規則」を使う会社が多いようですが、モデル規則には問題が沢山潜んでいます。これからもその事例を紹介していきたいと思います。

なるほど!と思った方はココをクリックして下さい
↑人気ブログランキングでポイントが加算!応援お願いします!

初回メール相談は無料です!

■労働法を斬る■
教えて退職金制度(56)どうする?残業問題(35)
継続雇用相談室(16)解雇/懲戒110番(14)
辛口?コラム集(13)マクドナルド問題の考察(6)
■その他コラム■
長時間労働削減の切り札!タイムマネジメントのススメ(13)

社会保険労務士 越後の虎 プロフィール