今日はもう待ったなし!継続雇用相談室です。

Q.「再雇用の契約期間は65歳までにするのが良いのか」
A.「現実的には一定期間を区切って契約するのが良いでしょう」


人気ブログランキングに参加中!
ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープしています
↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。

60歳以降の継続雇用では再雇用制度を採用することが多いと思いますが、その際に焦点となるのが、何歳まで雇用するかということです。法律では段階的に雇用を義務化する年齢が引き上げられて行きますが、助成金をもらうためには65歳までの雇用が必要であり、迷う経営者の方も多いようです。

まず、従業員の立場からすれば、65歳まで雇用してもらいたいという人が多いのかもしれません。ただ、会社の立場で考えたらどうでしょうか。再雇用した従業員が65歳まで会社が期待した通りに働いてくれるかわかりません。途中で働く意欲が低下する、体力が続かなくなる、こういったことも考えられます。

また、従業員によっては65歳まで頑張らなければいけない、ということでプレッシャーを感じる人もいるようです。60歳を過ぎたら気が抜けてしまった、実際に働いてみたら想像していたより大変だ、何か職場に溶け込めない、こんなこともありますね。

どうでしょうか。会社にとっても従業員にとっても65歳まで雇用を約束することが必ずしも良いとは限りません。再雇用後に何らかの問題が発生した際に対応できるようにしておく必要があるでしょう。その為には65歳まで雇用を約束するよりも、あらかじめ契約期間を定めて更新する方法のほうがベターと言えるでしょう。

尚、契約を更新するにしても何歳を上限にするかという問題は残ります。中小企業専門コンサルタントの立場で言えば、法律通り、段階的に引き上げるのがリスクが少ないと思います。もちろん、世代交代の問題、人件費の問題、受け入れ部署の問題、これらが全て解決済みであれば最高65歳まで雇用ということでもいいと思います。

【参考記事】目の前のニンジンに惑わされないで!

なるほど!と思った方はココをワンクリックして下さい!
↑人気ブログランキングでポイントが加算されます。応援よろしくお願いします!

         

■労働法を斬る■
教えて退職金制度(44)どうする?残業問題(22)継続雇用相談室(16)
解雇/懲戒110番(14)辛口?コラム集(13)
マクドナルド問題の考察(6)
■その他コラム■
長時間労働削減の切り札!タイムマネジメントのススメ(13)

ブログTOPページ 社会保険労務士 越後の虎 プロフィール