会社・組織にとってルールが必要なのは言うまでもありません。ルールがなければ、従業員が好き勝手に働き、大変なこととなります。

しかし、大切なルールである就業規則を軽んじる会社・専門家が多いのも確かです。そして、モデル就業規則をそのまま使ったり、他社の就業規則を真似た「モノマネ就業規則」を使って、お茶を濁す、といった対応が多く見られます。

そこでこのコーナーでは労働基準監督署が教えてくれない、「モデル就業規則」「モノマネ就業規則」が招いた数々の悲劇を紹介しようと思います。


労使協定を結びたくない
頑張ったら損をする賞与の払い方
ルールがなくて大変だ
長すぎる?休職期間
就業規則が紙キレに!
えっ!残業代払わなくて良かった?
えっ!これも残業手当に含めるの?
何故ボーナスを払わないといけないんだ
残業代が未払いと言われても
必要な書類を提出してくれません
ズル休みでも賃金が保証される会社
労働法に反しない?3万円の就業規則