今日は早朝より人事研修受講のため、富山へ出張でした。今日はスミマセンがタイムマネジメントのススメはお休みしまして、研修の様子をお伝えします。

人事研修の内容ですが、来年から段階的に義務化される雇用延長が主なテーマでした。実際のコンサルの現場における出来事を中心にした話だった為、非常におもしろかったですね。

人気ブログランキングに参加中!
ココをクリックして今の順位を確認してみてください。
↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。
コンサルの現場では本で書いてある通りにはいきません。現場では様々な問題が浮上し、会社によって要望も違ってきます。1つの決まりきった手法だけでなく、柔軟な対応が求められるわけですね。その為にも我々は研修会にてノウハウを共有しているわけです。

雇用延長にしても色々な本やセミナーで解説をしていると思いますが、あくまでも理論であり、実際に制度を運用すると様々な問題が浮上します。良かれと思って導入した定年延長制度が受け入れられなかったり、60歳以降賃金を下げたらその理由を追及されたり・・・思うように制度が動かないことがあるようです。

いずれにせよ、雇用延長の動きは一時的なものではなく、将来続くものであり、更に言いますと、65歳定年への布石かもしれません。きちんとした対応をしないと将来に問題を残すことになります。国から言われたからと渋々と受け入れ、手を抜いた対応をすると10年後20年後にそのしわ寄せがいくかもしれませんね。

評価制度の話も出ました。詳しい説明はしませんが、やはり目標管理制度は良い制度ですが運用が大変です。私もサラリーマン時代に目標管理制度を運用していましが、正しい目標設定と正しい評価をさせること、これがなかなか難しかったですね。

研修会では、まず評価基準を正しく設定するところから入ることを勧めていました。確かにその通りなのですが、評価基準を正しく設定すること自体、結構難しいんですね。甘くしてしまう人、厳しくしてしまう人、曖昧にしてしまう人。これらを是正するのが大変です。社内で実施しても良いのですが、外部から良きアドバイザーを迎えて、地道に手直しして、時間をかけて制度を軌道に載せていくことも必要かなと、あらためて感じました。

今回のセミナーでは、新たにいくつものコンサル事例が吸収できましたので、コンサルタントとしての自分の引き出しが更に増えたことが非常に良かったですね。クライアントの皆様により良い提案ができるようになったと感じています。

制度の運用は大変だな!と思った方はココをワンクリックして下さい!
↑人気ブログランキングでポイントが加算されます。応援よろしくお願いします!

         

【主な日替わりコラム】
懲戒/解雇110番トップページ
教えて退職金制度トップページ
残業問題トップページ
マクドナルド問題の考察
もう待ったなし!継続雇用相談室
長時間労働削減の切り札!タイムマネジメントのススメ

ブログTOPページ 社会保険労務士 新島 哲 ホームページ