一般的に、仕事をしている人はいくつもの業務を抱え、急がしい毎日を過ごしています。しかし使える時間は限られています。その限られた時間の中で成果を上げるためには、「優先順位をつける」ことが重要となります。

優先順位設定において多くの企業で使われている手法に「パレートの法則」があります。簡単に言いますと「優先順位の高い2割の仕事を完了することにより、全体で予定した成果の8割を達成することができる」ということです。

仕事をしているとどの仕事もきちんとやらなければいけないということで、全ての仕事をまんべんなく行ってしまうということがよくあります。そうしますと一生懸命に仕事をしていたわりには成果がでない、一生懸命に働いたのに評価されないということになりかねません。

しかし、実際には重要度の高くない仕事が優先的に行われることが多くあります。何故なれば優先順位の高い仕事は実際に完了するのが大変だからです。そして重要度の高くない簡単な仕事のがやりやすいので、すぐ手をつけてしまいます。

一定の成果をあげるためには、どの仕事もまんべんなくこなすのではなく、何を優先的に実施すべきか、具体的な行動レベルで決める必要があります。そして優先的に実施すべき行動は「全体の8割を占める成果をあげることができる2割の行動」に絞ると良いでしょう。

社会保険労務士 新島 哲 ホームページ