新潟の社労士(社会保険労務士)「越後の虎」です。本日は「教えて!退職金」第11回です。

Q.「適格年金を解約するにはどうすればいいんですか?」
A.「請求書に理由を記入して印鑑を押すだけです」


〜この記事が役にたったと思う方は最後に人気ブログランキングへのクリックをお願いします〜
中小企業の多くで導入されている退職金制度の代表である適格年金(適格退職年金)。知らない会社も結構あるのですが、解約だけであれば回答の通り実に簡単です。ほとんど幹事会社から解約を引き止められることもないようです。ある意味不良債権でもありますので、早く辞めて欲しいという幹事会社が多いのではないでしょうか。

但し何回もこのブログで話していますとおり、解約しても問題の解決にはなりませんので注意して下さい。適格年金を解約しても退職金規程は残りますので、今まで通り従業員への支払が必要になります。

また、仮に他の制度に適格年金の資産を移したところで、積立不足がなくなるわけでもありません。適格年金の幹事会社である保険会社等が中退共への移行を勧め、手続きも代行したりしていますが、それでけでは何の問題の解決にもなりません。

適格年金は解約が簡単なので勘違いしやすいのですが、実際には昔のままの退職金規程や積立不足の問題が重くのしかかってきますので、解決には非常に困難な作業が待ちうけています。

明日も「教えて!退職金」をお送りします。

この記事が役に立った!という方はココをワンクリックして下さい!

↑人気ブログランキングでポイントが加算されます。皆さんの応援が私のパワーの源です。

どうする?残業問題:第1回第2回第3回第4回第5回第6回
マクドナルド問題の考察:第1回第2回第3回番外篇1番外篇2
教えて!退職金:第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回第9回第10回

<視聴率11.4%>2時間ドラマ「労働基準監督官 和倉真幸〜」の考察
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回

ブログTOPページ 社会保険労務士 新島 哲 ホームページ