新潟の社労士(社会保険労務士)「越後の虎」です。今週は「教えて!退職金」です。今日は退職金の分割払いについてです。昨日の質問を受けたのと同じ会社から聞かれました。

〜この記事が役にたったと思った方は、最後に人気ブログランキングへのクリックをお願いします〜
Q.「退職金は分割払いにしていいんですか?」
A.「あらかじめ就業規則等に定めてあり、労働者に周知されていれば可能です。」


これは一昨日お話ししました退職金の支払期日とも関係がありますね。労働基準法には履行期が到来した賃金について7日以内に支払うよう義務付けています。但し、退職金に関しては就業規則等で定めがある場合はその期日までに支払えば良いということでしたね。分割払いも同様です。

【退職金を分割払いするための要件】

1.就業規則等に分割払いの方法について明確に規定する
2.内容がわかるように従業員に周知する


分割払いの方法は期日や分割の回数、金額等をきちんと定める必要があります。その都度様子を見て、ということはダメですね。また、分割だったり一括だったりという行き当たりばったりもいけません。

注意しなくてはいけないのは、既に退職金制度がある場合です。経営が厳しくなったからと言って、明日以降は分割払いにするぞ!といきなり変えることはできません。これは労働条件の一方的な不利益変更に当たるからです。

もし、今後支払方法を変更するのであれば、従業員にきちんと説明し同意を得た上で就業規則を変更することが必要でしょう。特に高年齢の方で退職一時金を当てにしている人がいれば、大いに揉める可能性がありますから注意が必要です。

明日も引き続き「教えて!退職金」をお送りします。

この記事が役に立った!という方はココをワンクリックして下さい!

↑人気ブログランキングでポイントが加算されます。皆さんの応援が私のパワーの源です。

マクドナルド問題の考察:第1回第2回第3回番外篇1番外篇2
「教えて!退職金」:第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回
<視聴率11.4%>2時間ドラマ「労働基準監督官 和倉真幸〜」の考察
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回

ブログTOPページ 社会保険労務士 新島 哲 ホームページ