新潟の社労士(社会保険労務士)「越後の虎」です。昨日に引き続き、マクドナルド(賃金不払い)問題の考察、番外編をお送りします。

〜この記事が役にたったと思った方は、最後に人気ブログランキングへのクリックをお願いします〜



気づかぬうちに「賃金不払い」になっていることがあります。知らなかったで言い逃れることはできず、少なくとも2年間は遡って支給が必要になるという話でしたね。昨日は皆勤手当についてお話ししましたが、今日は週40時間の規制についてお話しします。

1日8時間を超えて勤務した場合や休日労働した場合に割増賃金が必要なことは誰もが知っていることだと思います。一方で日々の労働時間が8時間超えていなくても週合計の労働時間が40時間超えたら割増賃金の支払が必要です。これは意外と見落としていることが多いです。そもそも知らない人も結構いるようです。

例えば、1日の労働時間が7時間で月曜日から土曜日まで働いたとします。この場合1日単位でみれば8時間を超えていないので割増賃金支払の必要はありません。しかし、1週間単位でみますと42時間となり、40時間を2時間オーバーしています。ということは、2時間分の割増賃金支払いが必要となります。このケースはパートタイマーでよく起こります。

また、休日を振り替えたときにも発生します。例えば、休日を翌週に振り替えたとします。当初は月曜日から金曜日まで1日8時間勤務の予定でした。しかし、休日を翌週に振り替えて月曜日から土曜日まで勤務したとします。この場合、週合計の労働時間が48時間となり、8時間オーバーします。1日の労働時間が8時間を超えていなくても割増賃金の支払が必要となります。

いかがでしたでしょうか。これは結構知らない会社が多く、誤りが散見されます。今回はパートや休日振替を例に挙げましたが、他にも色々例があると思います。1日単位だけでなく週40時間という基準でも割増賃金についてチェックしましょう。

ところで、この週40時間の規制ですが、変形労働時間制を採用した場合は事情が異なります。変形労働時間制はあらかじめ決めた期間内で、平均して週40時間になれば良い制度です。週によって繁閑の差がある場合は変形労度時間制を採用するといいかもしれません。

マクドナルド(賃金不払い)問題の考察は終わります。来週はまた違うシリーズをお送りします。

この記事が役に立った!という方はココをワンクリックして下さい!

↑人気ブログランキングでポイントが加算されます。皆さんの応援が私のパワーの源です。

マクドナルド問題の考察:第1回第2回第3回番外篇1
「教えて!退職金」:第1回第2回第3回第4回第5回第6回

<視聴率11.4%>2時間ドラマ「労働基準監督官 和倉真幸〜」の考察
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回

ブログTOPページ 社会保険労務士 新島 哲 ホームページ