新潟の社労士「越後の虎」です。日経産業新聞の報道によりますと、人材サービス業大手のマンパワー・ジャパンが7月から、女性に特化した人材紹介事業「レディース・キャリア」を始めました。

まずココを「ぽちっと」ワンクリックお願いします。
↑ランキングに反映されます。皆さんの応援が私のパワーの源です。
対象は20歳代から30歳代半ばの女性で、企業の管理職をはじめ金融や貿易など専門性が高い事務職、薬剤師、保育士などの職種での紹介を中心としています。年内に新規登録者1000人の確保を目指すとのこと。

支援体制としてマンパワージャパンでは登録の受け付けや仕事の紹介など一連の事務手続きを全員女性が担当します。家庭と仕事の両立など女性の視点からの相談に答えられるよう女性のキャリアカウンセラーも常駐させ、転職後も含めた支援体制を敷くとのこと。

人材紹介と言いますと、従来は男性を対象としているイメージが強く、実際に企業の需要も男性にやや偏っていました。しかし、最近は女性の視点による商品開発や女性向けサービスの充実、販売促進での女性スタッフ活用など女性の紹介を求められることが多くなっているようです。

一方、キャリアを積んだ女性も増加し、管理職や専門職など好待遇での就業を希望する女性が増えています。女性を活用した企業とキャリアを活用したい女性のマッチングビジネスとして女性を対象とした人材紹介は期待したいと思います。

但し、男性でも同様ですが、あくまでも専門性の高い職種による紹介が多くなりますので、一定のキャリアが必要となるのは言うまでもありません。そのことをアピールすることも必要です。そうなりますと一気に女性の人材紹介が増加するということ難しいかもしれません。

参考記事:「8割が女性の部長職ゼロ」コチラをクリック>>

社会保険労務士 新島 哲 ホームページ

★人気ブログランキング参加中!!★

ここをポチっと押して下さい!
今日の順位は何位でしょうか?

↑ランキングに反映します。ご協力ありがとうございました。