新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

2015年02月

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  アルコール検知器誤作動でバス運転手自殺労災認める  このような事件について報道がありました。  飲酒検査でアルコール反応が出た3日後に自殺した  京王電鉄バスの当時50代の男性運転手の遺族

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  中小企業の半数が正社員の給与水準を引き上げ  このような調査結果が発表されました。  日本政策金融公庫総合研究所の調査で、    中小企業では、  2014年に正社員の給与水準を「上昇」(前年

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  休日に有給休暇を取得できるのか?  このような相談がありました。  きっかけは、辞める社員から聞かれたこと。  有給休暇が25日残っているので  すべて消化してから辞めたい。  このよう

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨日お客さまと決めたこと、  それは、夢ミーティングの実施です。  社内に元気がない。    活き活きと働いている人は  どんな人なのか?  このような人の多くは、夢を持っています。  そこ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  データベース提供罪、  個人情報保護法の改正案で新たに創設されるようです。  個人情報を扱う企業の担当者や元従業員が、    不正な利益を得る目的で、  情報を提供したり盗んだりする行為を

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  働きながら年金をもらうには、どうしたらいいのか    昨日に引き続き、この話題です。  今日は65歳以後のケースについてです。  給料の金額によって年金額が調整される、  この考え方は一緒

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  働きながら年金をもらうには、どうしたらいいのか    60歳を超えた社長、社員の方で、  このような質問が増えています。  60歳を迎えた後、一定の条件を満たすと、  厚生年金が支給されます

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  最近、「ほめる」ことを  意識的に行う訓練をする会社が出てきました。  ほめるという行為は、  人材育成において重要な行為です。  褒められることにより、  その行動を続ける大きな動機づけ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  中途採用の給与を決めるのは難しい、  何かいい方法はないのか?  このような質問が絶えません。  先日も営業の経験者を雇ったということで  給与について相談がありました。  提示した給与

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今年秋よりストレスチェックが義務化となる    ご存じでしょうか?  今回は、その具体的内容が公表されましたので、  そのお知らせです。  ストレスチェック義務化法案は、    数年前より計

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  元気のない会社で業績の良い会社はありますか?    ゼロとは言いませんが、少ないのではないでしょうか?  あなたの会社は元気ですか?     先日、ある社長が言っていました。   昔は、活

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  大手自動車メーカー社員、営業秘密持ち出した疑いで逮捕、  昨日、このような報道がありました。  大手自動車メーカーの元社員が、  秘密情報を持ち出したとして、  不正競争防止法違反の疑い

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  業績を向上させるために、  人材をどのように活用するか、  永遠の課題ですね。  でも、先人の知恵を借りることによって  多少なりとも効率よく行うことは可能です。  例えば、有名なのが次の

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  どうしたら社員が満足するか?、  このような質問を何回も頂いています。  そして、その際に質問の中心は、  給与に関するものとなることが多いですね。  その時はいつも、このようなお話をさ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  固定残業代制度に関する、  労使トラブルが報道されました。   あらかじめ決められた残業代を給与に組み込む  「固定残業代」制度の説明がないまま、  長時間労働を強いられたとして、  東京

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  社員を支える「オフィスおかん」、  何とも不思議な題名の記事がありました。  スマホアプリを開発するITベンチャーのエウレカ、  従業員の平均年齢は27歳。    60人もの若者たちが無言でディス

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  有給休暇取得の義務化、で  何が起こるのか?  昨日の話の続きになりますが、  A社の社長は「名ばかり有給」も出るよね、  このようにもお話ししていました。  これはどういう意味なのか?

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  有給休暇取得の義務化、で  何が起こるのか?  昨日、このような話題で、  お客さま(A社)とお話しさせて頂きました。  その中でお客さまが言っていました。  これは「パートタイマー月給

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  パナソニックが賃金体系に「仕事役割等級制度」導入、  このような報道がありました。    以下はその抜粋です。    パナソニックは9日、  一般社員(係長以下)の賃金体系を  4月に見直す方

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  有期労働契約の無期転換ルールについて、  特例が設けられました。    特例について、簡単に言いますと、  27年4月1日より、  定年退職後継続雇用されている労働者に  適用を除外できるよ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  育休復帰支援プラン助成金、が  創設されることになりました。    育児休業取得に関しては、  もとより両立支援等助成金がありますが、  そのコースに、「育休復帰支援プラン助成金(仮称)」

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  3年前の痛ましい事件について争われた裁判、  裁判所の判決がでました。    光通信の当時30代の男性社員が  虚血性心不全で突然死したのは  過労が原因だったとして、  男性の両親が国に  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    厚生労働省は2月4日、  賃金や雇用の変動を示す毎月勤労統計調査の  2014年の結果(速報)を発表しました。  労働者1人当たりの現金給与総額の月平均は  前年比0.8%増の31万6694円、  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    ようやくインフルエンザの症状が回復し、  明日から通常業務に復帰できそうです。  そのような中、以前お伝えしていた、  有給休暇の消化を義務付ける法案について、  動きがありました。  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    インフルエンザより大分回復し、  ようやく起きれるようになってきました。  当然のことながら、  医者から言われていますので、  出勤停止状態です。  もちろん、医者から言われなくても、

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  実は、病院に行ったところ、  インフルエンザに罹っていることが判明し、  昨日、一昨日は一日中寝込んでいました。    あまり意識してはいなかったのですが、  人生初のインフルエンザ、  

↑このページのトップヘ