新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

2014年12月

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    数年ぶりに更新を再開して、  1か月が経過しました。    ブログを毎日更新するのは、  大変なことです。  単なる日記ではなく、  専門家の視点で、  読者のみなさんに必要な情報を  お伝えす

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    なぜうつ病の人が増えたのか、  今日はこの本を紹介したいと思います。  昨日読んだばかりなのですが、  なかなか興味深いものでした。  私も企業の人事に関する専門家として、  さまざまな研
『なぜうつ病の人が増えたのか〜メンタルヘルス対策〜』の画像

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    成功者は10:90の法則を活用している!    誰でも1日24時間、  使える時間は平等に与えられています。  お金持ちも、そうでない人も、  偉い人も、そうでない人も、  お年寄りも、子供

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    アベノミクスにより正規雇用(社員)を増やそうという  取り組みがなされていますが、  数値上では、まだ道半ばのようです。  以下は新聞記事よりの抜粋です。  総務省が26日発表した  11

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    2014年度に企業に入社した社員を対象に  実施したアンケートで、  「管理職になりたくない」と答えた女性新入社員が  72・8%に上りました。  男性新入社員は34.5%が  「なりたくない」と回

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    厚労省は12月22日、  全国労働基準部長会議を臨時に開催し、  年明けより長時間労働対策について  取り組んでいく旨を公表いたしました。  ポイントをまとめますと、  次の3点となります。

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    1人当たりの福利厚生費が過去最高、  給与の14.7%に、  経団連からこのような調査結果が  発表されました。  調査は2013年度の数値であり、  企業が負担した福利厚生費は、  従業員

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    今日は、税金の話題です。  報道からの情報による、  法人税減税の動きを、  まずはみてみましょう。  2015年度の税制改正の焦点である  法人税の事実効税率(東京都は35.64%)をめぐって  政

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  厚生労働省は18日、    平成26年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の  結果を公表しました。  この調査は、厚生労働省が  今年8月に実施したもので、  「製造業」及び「卸売業,小売業」につい

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  メンタルヘルス対策、ストレスチェックが義務化      今日で3回目になりますが、  今回は実施後の対応について、  お伝えします。  以下は、厚生労働省における検討会の  報告書から抜粋したも

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  メンタルヘルス対策、ストレスチェックが義務化    一昨日に引き続いて、  この話題について、お伝えします。  どのようにストレスチェックを実施するのか、  今回はその概要をお伝えします。  ス

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、昨日の続きをお話しようと思ったのですが、  気になる雑誌がありましたので、  予定を変えて、こちらを紹介しようと思います。  週刊ダイヤモンド 労基署がやってくる    さっそく購入し
『週刊ダイヤモンド 労基署がやってくる』の画像

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  メンタルヘルス対策、ストレスチェックが義務化    今日は、この話題について、  お伝えします。  我々も法改正前、数年前から、  この課題については研究を重ねてきましたが、  今年、ついに改正

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  ザイオンス効果とは?    これは、先日、メンタルヘルスに関する  管理職研修の中でお話しさせて頂いた、  内容の一部です。  ザイオンス効果とは、  簡単に言いますと、  接触する回数が多いほ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  平成27年4月、労災保険料率の改定されます    来年4月からの労災保険料改定について、  厚生労働省より発表がありました。  省令が公布されていないので、  正式な施行は発表されていませんが、

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  市バスで労働時間超過、労基法違反で是正勧告    このような記事がありました。  まずは内容をみてみましょう。    川崎市交通局は2日、  市バス運転手が労働基準法で定める  労働時間を超過して

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  どうして部下が成長しないのか?      先日、このような相談がありました。  社員が30人前後の中小企業ですが、  社長や幹部が、一生懸命に指導しているのに、  社員がなかなか成長していない。

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  政府は成長戦略で  「2020年に指導的地位に占める女性の割合  30%を達成する」  このように明記しました。  それを受けて民間企業でも、  女性登用を強化する動きがありました。  以下は

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  業務中に事故があったにもかかわらず、  それを隠してしまう、    いわゆる労災隠しが発覚、ニュースになりました。    盛岡市内の工事現場で、  男性が作業中にケガをしたにもかかわらず、  別の

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    引き続き、  パートタイム労働法の改正その3です。  4月から施行される、  改正パートタイム労働法では、  相談に対応する窓口の設置、並びに  相談窓口の書面による明示が  義務化されました

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    昨日に引き続いて、 パートタイム労働法の改正についてです。  4月から施行される、  改正パートタイム労働法では、  雇い入れ時の説明義務が  会社に課せられることとなりました。  従来より

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  選挙戦も終盤に入ってきました。  世の中の仕組みをどのようにするか?  様々な論戦が繰り広げられています。  一方で、話題にはならないが、  ひっそりと成立している法律が沢山あります。  労働

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  先日、  ある会社の常務から  相談を受けました。  どうしてもやりたいことがあるんだが、  会社の風土をまるっきり変えることになる。  とてもできそうにないんだが、  何か良い方法はないか?

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  我々がもらう年金、  そのお金を運用しているのが、  いわゆるGPIF、  年金積立金管理運用独立行政法人です。  この法人の運営組織について、  ニュースがありました。  130兆円の公的年金

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    自分の会社はブラック企業だ、  そう考えている人が相当数いるという  調査結果が発表されました。  日本労働組合総連合会は11月28日、    「ブラック企業に関する調査」の結果を  発表しまし

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    同一の使用者との間で、  有期労働契約が通算で  5年を超えて反復更新された場合は、  労働者の申込みがあれば、  無期労働契約に転換が義務となる。    このルールの適用についてです。  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    期間契約のパートタイマーでも  5年間務めると、  自動的に正社員になると言う話を聞いたが、  本当なのか?  先日、このような質問がありました。    本当にそうなるのか?  100%そう

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    パワハラ(パワーハラスメント)に関して、  新たな判断が下されました。  原告代理人によると、  未成年へのパワハラ訴訟で  自殺との因果関係が認定されるのは  全国初ということ。  下記は

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    解散総選挙で、  様々な法案が廃案になりましたが、  中には成立し、公布された法律もあります。  労務関連では、  労働契約法の特例法が成立しました。  すべて解説しますと、長くなるので、

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    今日は、昨日の続きです。  なかなか一歩踏み出せずにいた。  やりやすことからはじめる  「ベイビーステップ」」で動き出した。  しかし、着手できたものの、  作業量そのものが多くて  なか

↑このページのトップヘ