新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP!

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。 

新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP! イメージ画像

2011年12月

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 「やる気を出してもらいたい」 「不満をなくしたい」 経営者であれば、誰でも一度は考えることです。 一方、社員が何を望んでいるのか、 実際に知っている経営者は、多くはないでしょう。 多くの経営者は「想

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今日は、社員教育と評価についてです。 社員に指導したいことは、 沢山あると思います。 あなたが優秀であればあるほど 部下の至らない点が沢山見えることでしょう。 そうすると、 人事評価や普段の指導で 沢山

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今日は、先日頂いた相談を ご紹介します。  「遅刻を有給休暇に振り替えるのはどうか?」 このような相談がありました。 結論から言いますと、 やめたほうが良いでしょう。 有給休暇は、半日単位での消化

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 「職場にまとまりがない」 「従業員同士の連携がイマイチだ」 このような課題の相談をよく持ちかけられます。   こんな時よくお勧めするのが、 「相手のことを褒め合う」ということです。   誰でも長所・短

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今日は、助成金情報をお伝えします。 東日本大震災から10カ月が経過しました。 被災された地域では、いまだ職につけないでいる方が 多いとききます。 新潟に来て就職活動を行っている人も 多くいらっしゃるよう

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今年も賞与に関して様々な相談が 寄せられています。 今回は、いくつかその事例を 紹介してみようと思います。 例えば、今まで特に基準を設けずに 社長の一存で決めていたが、 頑張った人には沢山払うというや

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 給料をあげてくれ! このように言われて困惑する。 経営者であれば、 誰しも一度は経験することですね。    では、このような場合、 どのように対応するのがいいのでしょうか? 給料を増やしますか? 要求

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 褒められるとうれしい、 褒められるとやる気が出る。 誰でもわかっていることですが、 会社でやるのは、なかなか難しいですね。 そこで、沢山褒められる仕組みを 一つ紹介します。 それは「サンキューカード」

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今、自分が手がけている仕事で、 何か夢中になっていることはありますか? そして夢中でがんばっているけれど、 残念ながら、今ひとつ成果が出ていない、 そういうこともありますよね。 時間もかけている、お金

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 先週、ウチの事務所に、 こんな質問がありました。 「来年1月に会社をつくろうと思うんです。  12月だとバタバタしますし、きりが良いので(笑)」 会社設立時期についての 相談でした。 今までであれば、 「

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 得意だから頑張る こんなこと、ありませんか? 例えば、小さい頃、 学校に通っていましたね。 算数が得意で いつもテストで良い点がとれる。 そして、テストを家にもって帰ると、 お母さんがほめてくれる。

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 褒めるという行為は、 人材育成において重要な行為です。 褒められることにより、 その行動を続ける大きな動機づけになるからです。 そんなことで? そう思うかもしれませんが、 実際やってみるとすぐにわかりま

↑このページのトップヘ