新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

2007年01月

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「有給休暇」についてです。 有給休暇を取得する権利を主張する従業員が増え、有給休暇に関する質問が急増していますが、先日次の質問を受けました。 「有給休暇を沢山取得している人は賞与の査定を

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「労働契約法」についてです。 雇用の基本ルールを定める「労働契約法」の法案要綱が発表されました。この中で注目されるのは、就業規則の役割が大幅に引き上げられるということ。今回はその内容に触れ

先週70歳定年制を目指す動きについて紹介しましたが、その具体策の一つとして新たな助成金の創設が発表されました。その名は<strong>「定年引上げ等奨励金」</strong>。70歳まで働ける企業の普及・促進を目的に創設されます。今回はその具体的な内容に触れたいと思います。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「退職金の税金」、です。 先週、退職金にかかる税金について、以下の質問がありました。 「退職金を年金で受給すると所得税が軽減されると書いてありましたが、本当ですか?また、どの会社も手続き

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「70歳定年制」、です。 昨年4月より60歳以降の継続雇用が段階的に義務化されました。これは最終的に65歳までの雇用確保を目指すものでした。しかし、報道によりますと、厚生労働省は更に雇用を延長し

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「人事評価」、です。 以前、ある社長さまから賃金制度と人事評価制度の見直しの相談を受けたときの話です。人事評価をする際に自分の裁量で評価に加点をしたいんだが・・・ まずはコチラをチェック

↑このページのトップヘ